川口市・さいたま市の注文住宅、鉄骨造・リフォームなら壱岐工務店

お問い合わせ
048-295-9122
受付9:00~17:00 定休日:日曜日

お役立ち情報

■お手入れのコツ【 畳 】    
今では、新築で和室が1部屋もない住宅が多い中、 様式は変わっても畳敷きの部屋は、まだまだ人気があります。 「やっぱり日本人はタタミ!」 今回は、タタミのお手入れについて。

タタミの手入れは、日頃は掃除機を掛けるだけですが、 特に湿気が多い今の時期はカビやダニが気になります。
タタミのカビは、家具の縁や裏側などのホコリが水分を吸って湿気が溜まるのが原因で、日頃の掃除をこまめに
する事が大切です。

その1)畳のお手入れ
掃除機を掛ける時は タタミの目に沿ってゆっくりと動かすのがポイント(強く掛けると畳表を傷つけます。)
普段のお手入れは、ほうきを使った方がタタミの痛みは少ないそうです。

その2)畳の拭き方
週に1度はから拭きも 掃除機と同じようにタタミの目に沿って必ず乾いた雑巾で 拭いて下さい。
濡れ雑巾で拭くと黒ずむ事があるそうなので 要注意です。

その3)汚れがひどいときは…
汚れのひどい場合にはコップ1杯の酢を加えたバケツの水で濡らした雑巾を固く絞って
(数枚まとめて脱水機にかけると非力な女性でもOK ! )拭きます。
普段はしなくとも月2回くらいは拭くとベストだそうですよ。
サザエさん家では、大掃除で畳干しをする1コマが 出てきますが、年末の大掃除でも見なくなりました。

その4)畳を干しましょう
畳干し タタミはもともと調湿機能があり、梅雨などの湿気の高い 時期には水分を吸収し、冬の乾燥期には水分を放出しますが、放出するスピードが遅いため湿気を溜めてしまう傾向があります。

タタミを乾燥させるには、お日様に当てるのが一番。
出来れば年2回、春先には梅雨に備えて、秋口には冬の間の 保温効果を高める為にも良く晴れた日に
手入れも兼ねて干しましょう。

このとき、畳表を直接日光に当てないこと。
畳床を日光に向けよくホコリをたたき4~5時間ほど干します。
最近ではマンションや干す場所がないなど難しい場合は、床とタタミの間に空き缶などをはさみ、浮かせて風を通すだけでも湿気を取るには効果があります。
また、畳屋さんでも 加熱乾燥してもらえる所があるそうなので問い合わせてみても良いかも。

きれいになったタタミの上でお昼寝・z^z^z~  「あっヨダレ!」

↑ PAGE TOP